買い物依存症で自己破産になることもあります。

病気にも精神的なものや肉体的なもの第三者のもの偶発的なものいろいろあります。どれも人には大変な病気といえますがお金に関連する精神的な病気の買い物依存症の発症で自己破産に追い込まれる人がいます。自分の欲求を抑えられなくて好きなものを制限せずに買い物をする人がいると思います。

最初は持っているお金を使いますがそれだけでは足りなくて友達や家族親せきにお金を借りることになります。それでも足りないとクレジットカードのローンをかりて買い物をしますが最終的には返せなくて自己破産をすることになてしまいます。そこで専門の病院や弁護士に相談すると思いますがそういったクライアントは結論からいうと治ることが難しいといえると思います。

クライアントとしての要望は改善の方向だと思いますがやはりきっかけがあるとまた買い物依存症に舞い戻りしてしまうことにもなりますので周りの家族や友達に協力してもらい治ることに手伝ってもらうことも続けていくことだと思います。

 

カードローンの借り換えを検討してみては

お金を借りる時は出来るだけ早くお金が必要と即日借入が可能なカードローンを選んだという人が多いのではないでしょうか?ですが後から落ち着いて情報を収集してみると他の金融会社の方が金利が低い、条件がいいなんて事も少なくありません。そんな場合カードローンの借り換えを検討してみたらいかがでしょうか?

勿論必ずしも希望通りの借り換えが出来るとは限りませんが、今はネットやケータイから気軽に申し込みをすることが出来るので多忙な人でも検討してみる価値は十分にあると言えます。また金利だけではなく可能枠も金融業者によって異なるので、複数の金融業者に借入れをしている人は可能枠が高く一つにまとめることが出来るのならそちらの方が総返済額を減らすことが出来るかもしれません。

本来なら最初にキャッシングをする際にいろいろ調べて比較検討をすることが重要なのですが、初めてのキャッシングで分からないことばかりといった人は意外と多いのです。なので後からでも借換えをすることで借金総額を減らすことが出来るかもしれません。

 

質屋に行ってみよう

いざという時にお金が足りないことってありますよね。そんな時、誰かに借りるのも億劫でどうしようか迷ったなら質屋に行ってみると良いかもしれません。最近、芸能人から一般人までよくテレビで自宅にあるアンティーク品などを質屋に売る企画があります。もう使っていないものなら、積極的に利用してみる価値があると思いませんか?

質屋といえば大黒屋が有名ですよね。なるべく公正な査定をしてくれるところを見つけましょう。高価な当該商品であればプチお金持ちになれますよ。この機に家中の要らなくなったものを徹底的に整理しましょう。年代ものだからといって、高く売れるわけではありません。今でも人気な商品や、比較的綺麗に保存してある商品であれば、その価値も高くなります。どんなものでも長く大切に扱うことですね。

しばらく無駄遣いは停止して、質屋で貯めたお金でより自分に必要な商品を手に入れられるようにマネープランを立てていくと面白いですよ。